読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながよえとせとら

わたし、ながよとその周りのえとせとらです。

後輩がサークルやめると教えてくれて嬉しかった話。

雑記-大学生

 

f:id:batteur24:20160208184347j:plain

 

こんにちは。

 

検索とかSearch Engine Optimizationのこととか、SEOとかさーちえんじんおぷてぃみざっしょんのこととか考えずに、文章書くことも大事だなと思い込むことにします。

 

先日、所属していたサークルの追いコンがあり、

同期の3回生が盛大に追い出されたようです。

 

私は、前から書いてる通り、

留学直前まで新歓と新入生の育成をやっていたので、

「自分たちがいれたかわいいかわいい1回生💕」

ということで、1回生が大好きなわけです。笑

 

どのくらい可愛いかを語ると、

1回生が例えば、ある活動でつまずくじゃないですか。

そして、大抵みんな最初は同じようなことで悩みます。

 

「あ、ここで躓いたのね!うんうん(笑)(かわいいいい....」

「それで、こういうことで悩んでるのね(笑)(うーんかわいい💕」

 

という感じです。笑

きっとどちらの立場もみんなが通る道だし、

わたしも1回生のときはこう思われていたのかな...

ちょっと自信ないな...かわいい1回生だったかな?笑

 

1回生がとりあえず、かわいいことはおいといて、

ある1人の女の子が、追いコンの次の日にラインをくれたんです。

 

内容は、

「サークルに入ったけど、ほかにやりたいことが見つけて、やめることにしました。」という内容です。

 

もし仮に、わたしがまだサークルに所属していたなら、

残念がって、でも応援して、ってしてたと思います。

 

単純に、自分たちが頑張って頑張って入ってくれた子たちがいなくなることは悲しいです。

 

でも、今は、サークルを半分外からみる立場になって、

すごくその子の選択が嬉しかったんです。

 

こんなこと言ったら、同期のメンバーからなんか言われるかもしれないですが、

サークルをやめることを厭わないでほしいし、

後ろめたく思ってほしくないし、

それをわたしに伝えてくれたこともものすごく嬉しい、

とその子に伝えました。

 

大きいサークルにいるだけで、でかいことやってるんじゃないか!?とか視野が本当に狭くなってしまうと思うけど、外にでてみないとわからないこともたくさんあると、わたしがこの留学で気付けたこと。

 

確かに、サークルを辞めてしまのは残念だけど、

わたしの大好きだったサークルを通して、

やりたいことが見つかったのであれば、それはものすごく嬉しいこと。

その子にとって、あくまでもサークルは短期的な通過点でしかないだろうけど、その通過点がその子に何かしたの影響を与えたんじゃないかと思うし、

そんなポジティブな影響を与えられる場所がわたしの大好きなサークルだと、信じているからかもしれないです。

 

 

そして、そういうことを一生かけてやっていきたい。

誰かのきっかけになれるような、ものを、人に、何かに、なりたいと思います。

 

わたしが作り出した、「なにか」きっかけによって、

その人の人生がより素敵なものになるのであれば、

これほど嬉しいことはありません。

 

これがわたしのやりたいことだし、

仕事にもしてみたいこと。

 

 

自分に気づきをもくれた、その後輩にも感謝です。

 

 

(1234字)←たまたまです笑