読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながよえとせとら

わたし、ながよとその周りのえとせとらです。

大学の先生に感じた「違和感」を思い出す。

雑記 雑記-大学生

 

f:id:batteur24:20160213060032j:plain

 

 

最近、思ったのは、

「違和感を大事にしなくちゃいけない」ということ。

 

大学での授業の先生を思い出し、

このように思いました。

 

「アフリカ地域概論」という授業で、

民族、生活、文化を学ぶ授業でした。

アフリカ以外にも、先生が学生に見せたいと思うものを

映画でも、ドラマでも、なんでもやるという学生には人気の授業でした。

単位が取りやすいというのもありました。

 

他の大学からきている先生で、毎回授業の最後に学生にコメントを書かせます。そして、そのコメントの中でどういう基準かわかりませんが、良いと思うものがあれば、次の授業の初めに紹介する、というものがありました。

 

でも、そのコメントが選ばれる基準は何だったのか?

先生は、何がしたかったんだろう?

途中で、そう思っちゃうことがありました。

 

 

違和感を持ったきっかけ

私は、一度、授業中での先生の意見にちょっとだけ反論するような、あまり納得いかないっす!という内容のコメントを書いたことがありました。

 

その時は、本当に納得できなかった。

今もちょっとできないけれど、冷静に考えると同じ土俵で扱うことはできない問題でした。

 

ただ、記憶があやふやなところがあるので、ここで詳細を書くのは避けます。

でも、たぶん、私は学生特有の、無知なままでの意見だったんだと思います。

 

次の授業で、先生が、そのコメントに対して、やっぱり、そうじゃないんだよなーと批判?非難?意見を付け加えます。

 

その時は、

「なるほどねー、わたしはそれに対する情報がないし、

何もわかってないから、思ったことを書いただけだったけどそれは良くなかったかー」

って思っていました。

 

と、同時に、学生の意見に対して、

「こうじゃないんだよなー」って先生がいうのか...という

失望にも似た「違和感」を感じました。

(これは下の方に詳しくかいています。)

 

 

下手な意見は持たない方がまし?

その時から、徐々に徐々に、

自分の意見を裏付ける根拠がない場合は、

だめだめ、こんな意見じゃ意味ないよ、だめだよ、と考えるようになっていきました。

 

何も知らないくせに、あーだこーだいうのは恥ずかしい、って思っていました。

 

それに、私にはまだ情報がないから、知識が全然足りないから、これに対する意見はまだ持つことができない。と、思うようになりました。

 

でも、そう言いながら、どこまで調べて知識を得ることができるのか、ゴールのない迷路に入っていくようでした。

 

 

あれ、ちょっと違うよね??

今思うことは、そうじゃない。

「思ったことを書いただけだったけどそれは良くなかったかー」

ってなるのはちょっと違う!!!って、思います。

 

たとえ、自分に情報がない、とか、自分の意見に根拠がないとしても、

別に、自分の意見は持ってていい。

思ったことをちょっと、それだけでもいい。

 

つまり、根拠に満ち溢れた意見じゃなくていいから、自分が感じた「違和感」を大事にしないといけない、ということ。

 

持っていたら、ダメということは絶対にない。

 

発信することとは別として、

「自分の意見には根拠がないから」という理由で、

考えるのをやめてしまって、

その時に出てくるであろう、「違和感」「なんか変」とか「面白いなあ」とかを隠してしまうのは間違っている!と思います。

 

 

むしろ、逆に今は、そういうのを大事にしなくちゃいけないんだよ!と。

ブログを初めて気づいたことです。

本当に気づいてよかった。

 

 

最後に、ちょっとだけ「違和感」を

それに、ちょっとだけ思うのは、学生の意見に対して、

「こうじゃないんだよなー」って先生がいうのか...とちょっと失望しました。

 

先生であるのであれば、その意見が例え、異なる主張だとしても、

受け止めてほしい、というかなんというか。

受け止めて、というよりも、

いろんな意見がない授業っておもしろくないよ。

 

どんどん意見を言いなさい、という割に、

実際に意見を述べてみると、

そうじゃないんだよ、そういうことじゃないんだよ、と、先生の好きな意見だけの授業を作り上げるのは絶対に違う、はず。

 

そう思うのは、フランスでのディスカッションの授業に出て、思うことです。

先生じゃなくて、学生ですら、意見が違っても、受け止める。

 

だから、あの「コメント制度」はなんだったのか?と思うわけでした。

学生の人気取り?

好きなコメントだけを読みたいの?

こんなこと知らなかった、先生ありがとうって言われたいの?

ただのリアクションペーパーじゃなかったの?

でも、リアクションをして、先生がそういう風にリアクションとっていいものなのか?などなどなどなど...

 

当時の記憶が曖昧なのが、すごく残念です...

無意識に記憶を改ざんしているかもしれないぞ....笑

 

 

でも、同時に思うのは、自分が認めてもらいたいという甘え?からこう思うんだなあということ。

 

意見を受け止めてもらえないと、

こんなにぐずぐず考えちゃう、甘えたまだ子供だということ。

 

振り向いてもらえないと寂しくて死んじゃうような子供みたいです。

 

 

でも、これが書けてスッキリ。

改めて、その先生にコメント書きたいなあとか思うあわだてでした。笑

 

最近、長い文章ばかりですみません...

でも読んでくれる方がいることはすごく嬉しいです!

いつもありがとうございます!

 

 

(2065字)