読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながよえとせとら

わたし、ながよとその周りのえとせとらです。

留学先の成績が返ってくる!数時間後にわたしの帰国後の方針が決まる.....。

留学 留学-留学中 留学-留学中-授業

f:id:batteur24:20160217213702p:plain

 

こんばんは。

 

9月から12月までの、前期セメスターの授業の結果が返ってきます。

海外の大学の授業を受けて、結果を見るのは初めて....

 

交換留学なので、留学先で取れた単位を日本の大学の単位と交換できるのですが、これで単位が取れていないと、日本で授業を受けて単位を取らないといけない(笑)

 

帰国してから休学するつもりなので、

単位を取っておかないと休学できなくなっちゃう(°_°)

と、やりたいこともあまり出来なくなっちゃう( i _ i )

 

これは嫌だ!

なんですが、今日で前期の結果がでちゃいます。

 

前期は週に8コマの授業を取っていて、

それぞれ120分の授業で、当たり前ですが、すべてフランス語です。

なに言ってるのか意味がわからないまま受けてました。笑

 

もう慣れましたが、初めの頃は120分はかなりしんどかったです....

 

留学生向けの授業を3つ、

フランスの学生と一緒に受ける授業を5つ取っていました。

 

この4つのうち、1つは途中でやめました...

ちょっとついていけなかったですね...あーあ....

 

でもこのテストを受けて、レポートを提出した授業の7つのうち、

自信があるのは3つです...

笑えない!

 

1つ目は、フランス文法の授業

2つ目は、日本語学科の学生と一緒に受ける翻訳の授業

3つ目は、フランスの社会問題を取り扱ってプレゼン&ディベートする授業

 

1つ目と3つ目の授業は留学生対象の授業です。

 

残りの自信がない授業は、

・ボバリー夫人を扱った文学の授業

→無理でした。この先生の筆記体はかなり汚かった。笑

 

・テレビ、ラジオ、新聞の歴史の授業

→留学生は特別に簡単なテストするよ!なにも準備しないで大丈夫よ〜〜って言われて、まさかの口頭の試験だったんですが、質問に答えられず撃沈。

でもちゃんと復習しとけばできたと思うので、これは自分が完全に悪いです。

あと、先生の言葉をそのまま信じた自分があまちゃんでした★

これは再テストを希望すれば受けれるかもしれません!受けるかはわかりませんが....

 

 

・図像学の授業

→絵画をみて、それを分割し、絵の中にあるものはどんな意味を示しているのか、を謎解きしていくような授業で、絵画の解釈方法を勉強しました。

テスト問題は、運よく直前にみていた絵画で、しかも日本語のサイトでその解釈まで見ていた!!!が、問題にうまく答えられたかは微妙です....なので、全く自信がないものの1つ。

 

・コミュニケーション系の授業

→こちらは「文化と芸術の違いは?」みたいな抽象的なcultureとcommunicationの初歩の授業でした。こちらもバカンス返上でテスト勉強していましたが、かなり微妙。なので、単位ははなからないものとして見なしています。

 

ボバリー夫人の文学の授業は留学生対象の授業で、それ以外は、フランス人学生と同じ授業です。

 

私は、一応文系の学部の授業はほぼ取れるようになっていて、

だいたい、大学1回生か2回生と同じ授業を取っています。

 

そして、留学生は....みたいな話ってこれまで一切してないんだ!笑

 

もっと留学のことも、書いていきます!

 

 

午後からの授業の前に、成績をもらいに行ってきます。

ドキドキ....

7つも授業、正確には8つですが、

こんなにたくさん受けてて、単位が取れている自信がある授業が3しかないってもうカオス。

 

前期がボロボロになりそうなので、

今、受けている後期の授業は死ぬ気で単位とらないといけないです。

がんばるぞおう! 

 

留学生の皆さん、安心してくださいね。

底辺留学生はこんな感じだと思います!

 

わたしのブログを見て、元気だしてほしい!!!

 

それでは!

 

(1425字)