読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながよえとせとら

わたし、ながよとその周りのえとせとらです。

「イクメン」って言葉、もう死語にしません? わたしは飽きたし、いらないと思う。

雑記 雑記-考えたこと

f:id:batteur24:20160331095225p:plain

 

こんにちは。

花粉がない春を迎えられてウキウキです。

 

今日は、前からちょっと気になっていたことを1つ。

 

イクメンとは??

みなさん、「イクメン」って言葉知ってますよね?

イクメン」とは「子育てする男性(メンズ)」の略語。単純に育児中の男性というよりはむしろ「育児休暇を申請する」「育児を趣味と言ってはばからない」など、積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す。実際には、育児に積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれる。

引用:日本の人事部(http://jinjibu.jp/keyword/detl/309/

 

では、いつから世の中に広まったか知ってますか? 

2010年5月、当時の長妻昭厚生労働大臣が国会で「イクメンという言葉を流行らせたい」と発言しました。翌月には前年に改正された育児・介護休業法の施行に合わせて、働く男性の子育て参加や育児休暇取得を後押しする、厚労相肝いりの「イクメンプロジェクト」もスタート。これを機に「イクメン」の名称は一気に浸透しました。

引用: 日本の人事部(http://jinjibu.jp/keyword/detl/309/らしいです。

 

ということで、およそ5年ほど前から「イクメン」という言葉が出てきたようです。

 

日本にいるときは、「イクメン」という言葉に対して、特に何も感じませんでしたが、フランスにきて「イクメン」という言葉の存在に疑問が出てきました。

 

違和感のきっかけは、フランスの日曜日

フランスは基本的に日曜日はお店が閉まります。

レストランやカフェは開いているところもありますが、スーパーもほぼ閉まります。

 

でも、お店が閉まり、町自体が活動的でなはないからこそ、働く人たちがしっかり休んでいるってことなんですよね。

 

日曜によく見かける光景として、

父親たちが子供たちを連れて、マルシェに行ったり、公園で遊んでいる風景です。

 

特に、日曜の朝は、父親が小さい子供たちの手を引いて、パンを買いに行ったり、マルシェに行く風景が多いです。

普通に母親もいるんですけど、慣れてないわたしは父親ばかりに目がいきます。

 

日本人が見たら、「あのパパ、イクメン〜〜!」って言うでしょうね。

 

なんで父親・男性だけ特別なの?

f:id:batteur24:20160331095133p:plain

でも、イクメンって男性限定の言葉ですよね。

この言葉の裏に「女性は育児をして当たり前」という前提が見え隠れしていると思います。

 

父親、男性が普通に育児をしているフランスでは、「イクメン」って言葉なんてないんだよなぁと思うと、「イクメン」という言葉が虚しくなってきました。

 

大学生のわたしからしてみたら、自分たちが結婚して、子供が生まれて、育児だ!ってなったときに「俺、イクメンだからさ〜」って言われても、失笑しかないです。

 

おもしろくない冗談いらないからwって思います。

あれ〜いつの時代からタイムスリップしたのかな〜?ってなりますね。

 

「イクメン」って言葉、もう飽きたよ!やめようよ!

f:id:batteur24:20160331094927p:plain

女性も男性も、両方が育児を楽しみ、それを普通に行っている・行えている状態が、良い、とされるのであれば、

「イクメン」じゃなくて、「父親」「お父さん」でよくないですか?

 

もう「イクメン」という言葉で、何を差別化したかったのかもわからないですが、何かを差別化する時期はもうとっくに過ぎたんじゃないかなと。

 

「イクメン」議員とか、「イクメン」俳優とかのように、肩書きに「イクメン」がつくと、いらなくない!?って思います。

 

「育休とります!」っていって、「なんで?」って聞かれたときに、

「普通の父親だし、2016年だから?(だけど何か?)って答えられたらかっこいい(笑)

そもそも「なんで?」って聞かれない社会になってほしい。

 

育児だけじゃないよね

女性の就業率が85%と言われているフランスでは、

育児だけじゃなく、家のことも、女性がするもの、なんていう概念は若い世代ではもう一切ないです。みんなでするもの。家族でするもの。

多分、家事ができない男性捨てられますね(笑)

 

日本の男友達と話していて、「帰ったら優しい奥さんがいて、美味しいあったかいご飯を作って毎日待っていてほしい〜」ってよくいいますけど、それは働く女性も全く同じこと考えてるとおもいます(笑)

 

「帰ったら優しい旦那さんがいて、洗濯も掃除もしてくれて、美味しいあったかいご飯を作って待っていてほしい〜って。

 

「分担する」という概念が全くない男友達をみていると、あーまじでないわ。って思っちゃいますが、そもそも家庭が母親が働いていて、父親と家事などを分担していた、という家庭じゃないとあまりでてこないのかなあとも思ったりします。

 

 

まとめ

ということで、「イクメン」って言葉はもう死語にしませんか?

f:id:batteur24:20160331094756p:plain

「イクメン」ブームはもう飽きました。イクメンいすぎてわけわからんですもん。

流行が過ぎて、もうそれが普通になっていくべき時代ですよね。

 

家族が生活しやすい日本になれーい!

 

 

 

(2053字)