えとせとら

割となんでもカクカク。

2017年に足を運んだ美術館・企画展の記録〜前編〜

f:id:batteur24:20171230214546p:plain

 

こんにちは。

ながよです。

 

ブログ書くの久しぶりだー笑

今年も割と美術館や企画展に足を運んだのでその記録を残して置きたいと思います。

 

 

だいたい企画展に行きたい!と思うのは2パターンで、友達から誘われたか、自分が興味があるものだったか。

でも今年はほとんど1人で行っちゃってます(笑)

 

まず1つ目は...

 

世界遺産 ラスコー展

@上野 国立科学博物館

f:id:batteur24:20171230204027p:plain

 

これはフランス語専攻として、行かねばならないやつじゃない? 違う?

と思って、1人で平日に行きました(笑)

平日だったのもあってか年齢層高めに感じましたが、

展示は子供向けのものも多かったです。これ、現地のをいつか見てみたいなぁと!

 

 

サントリー山崎蒸留所

f:id:batteur24:20171230204332p:plain

 

わかってます。美術館ではない(笑)けれども!

すごくよかったのでおすすめさせてください....素晴らしくよかったのです....

こちら→サントリー山崎蒸溜所

 

元々ビールよりハイボールの方が好きなので、最高な工場見学でした。

ティスティングと工場見学セットで1000円ってお安くないですか?

これはこれで記事書けるから、書こうかなと思います。

 

 

東京学芸大学 卒業展

f:id:batteur24:20171230205822p:plain

 

中高の友達が美術科にいたので、卒展見に行ってきました!

絵を描くのが本当に上手だった友達....

ただ大学でやっていたことは絵ではありませんでしたけど(笑)

 

大学4年間を通して目に見えて残せるものを出せるって単純にすごいな、いいなと思いました。文系の私はそういうものは卒論だけ....

同年代の人たちの作品ってよく考えたらあまり見れる機会ないので、行ってよかったなあと思いました。

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭

www.kyotographie.jp

よかったの一言に尽きます。いくつかまわって印象に残っているのはこの4つ。

 

⑴フランス国立 ギメ東洋美術館 写真コレクション 「Theater of Love」

KYOTOGRAPHIE | フランス国立 ギメ東洋美術館 写真コレクション「Theater of Love」 | 2017

日本の19〜20世紀の写真。それがフランスにあるのも驚きですが、なかなか教科書とかでは見れない写真ですごく興味深かったです。この美術館知らなかったので、パリに滞在する機会があれば行きたいなぁ。

 

⑵アーノルド・ニューマン

KYOTOGRAPHIE | Arnold Newman “Masterclass” presented by BMW | 2017

え....好き.........ってなりました(笑)二条城での展示だったんですが、どこかマグリットを感じてしまう写真に惹かれました。わたしは単純です。

 

⑶吉田亮人 「Falling Leaves」

KYOTOGRAPHIE | 吉田亮人 「Falling Leaves」 | 2017

すごくはかなかった。悲しいのか寂しいのかよくわからない。でも地元が近くて勝手に思い入れてしまったのかもしれないです。

 

⑷ルネ・グローブリ

KYOTOGRAPHIE | René Groebli 「The Eye of Love」supported by Nespresso | 2017

美しい。奥さんの写真とってるんですけど、日常的で美しい。

 

写真祭ということで色んな写真見たのですが、やっぱりどれも違うんですよね。

 

写真を撮るブームとそれを気軽に色んな人に見てもらうことができるようになって、その人しか撮れない写真って中々に難しい。趣味として撮るのか、プロとして仕事で撮るのかも違うと思うし。そして同じような場所で同じような物を同じような構図をたくさん見ていると、なんだかなあと思うこともあるし。

写真の楽しみ方は人それぞれなんだけど、こうモヤっとしたものを抱えてしまうのはなんでだろうって思います。いやーなんでだろう。自分でもよくわからない!

 

 

ベルギー奇想の系譜展

@兵庫県立美術館

www.artm.pref.hyogo.jp

友達はボスに、私はマグリットに惹かれて行きました!

ボス派の絵はいい感じで奇妙で気持ち悪い絵なんですけど、

ちょっと怖くて、でも見たい気持ちが勝つんだよねって絵たちでした。

ただただ絵が細かい。本当に細かいのでそこはびっくりしました。

 

マグリット見たことない作品あったので満足です〜!

今度こそマグリトの画集を買ってしまおうかどうか、、、悩みます....。

 

 

技を極めるーヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸

@京都国立近代美術館

highjewelry.exhn.jp

香水瓶に興味があって行ったのですが、1つしかなかった(笑)

 

ジュエリーの接合部分というか、裏まですべて見せる展示が話題になりましたね。(と、私は思っている。)

それでもハイジュエリーということで、多分もう一生身につけることはなさそうなものばかりで、ほおおおうとなめるように見てきました。

上品なおば様方が多かったのすごく印象的。

 

ちょっと大人になった気分で、気持ち良く帰れました(笑)

 

パリ・マグナム写真展

@京都文化博物館

www.bunpaku.or.jp

こちら予備知識0だったんですが、パリだよ???写真だよ???行っとく??となって、急遽行くことに決めたのがこれ。

人少なくてじっくりみれてよかったです。

 

報道写真のようにも見えるし、普通の明るい日常の写真にも見えるし、撮られることを意識して撮られた写真のような気もするし、とにかくいろんな写真がたくさんでした!

 

 

 

とりあえず、今日はこのくらいで....

疲れちゃったので、続きは明日!

 

疲れちゃったとかほんと自由だな自分(笑)

 

 

おわり。